無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2018年4月15日 (日)

洗面化粧台(2階)の取替えに挑戦(DIY)

20180414_01inax_2

 我が家の2階にある洗面化粧台(INAX製、外径寸法; 600W1800H430D)は、設置後約20年が経過、洗面台下の扉表面ははげ、化粧台のプラスチックも割れて継ぎはぎです。また、通路が狭いために足をぶつけたこともあります。

何よりも一時代前のもので、水栓出口の高さが現在販売されているものより10cmほど低く腰を曲げるのがつらいとかみさんからの取替え要望もあり、代替品を物色しました。
まず、足をぶつけないように奥行き400mm以下を探しましたが、意外と見当たりません。結局、LIXIL(INAXと他社との合弁会社)のオフト、型名はFTVN-500/VP1W(寸法500W)*400D*850H2ハンドル混合水栓、ホワイト)に決定。

DIYで換装するために、近くのLIXILショールームを訪ねました。現物はありませんでしたが、欲しかった水栓と給水・給湯管および配水管の接続図を入手。ショールームの係りの方はすぐに対応して図面を取り寄せてくださいました。

 さて、洗面化粧台の取替え工事はDIYの諸先輩方がネットに発表されており、小生も右にならえしました。工事でのいくつかのポイントを下記にメモしておきます。

 すでに現用品の配管があるので、換装後の配管接続位置関係を把握すること、そのために今回はLIXILショールームで図面を入手しました。

20180414_03

 
給水、給湯の止水栓が黒くなっており、この際取り替えることにしました。この工事は、近所の水道屋さんにお願いしました。工事の前に止水栓を閉めて、既設の洗面台を取外します。

20180414_04_

 
ここで問題発生、既設の建築側排水管が床面より10mm程度しか出ておらず、付属品の排水アダプタが取り付きません。DIY店で、VU継手ソケット40、パイプVU401m(5cm切断して使用)と塩ビパイプ用セメダインを購入、接着して配水管を延長し排水アダプタを取り付けました。(写真では、ソケットと排水アダプタが確認できます。)

 
20180414_05

構造はポンチ絵で示します。
20180414_06_

 
次に、洗面化粧台を入手、現物あわせで給水・給湯管、配水管を通す穴を加工する必要がありました。これには、ホールソーを使用、ネットに○穴のあけ方も丁寧に紹介されていました。電動ドリルを使うので、少しずつゆっくりとあけることです。

 そして、洗面ボールに2ハンドル混合水栓を取り付けます。取付説明書には、「水栓金具の取付けは、水栓金具の施工説明書をご覧ください。」と書いてありましたが、施工説明書なるものが見当たりません。で、適当に取り付けましたが、これが後でトラブルの元になりました。
20180414_07_

 
本体付属の配水トラップは、直管で既存の建築側排水管の位置に接続することができないので、三栄水栓 樹脂製トラップ用ジャバラ 】を購入しました。管がジャバラのため自由度があります。

 
給水・給湯管と混合水栓とは、フレキパイプ30cmで接続しました。フレキパイプも近くのDIY材料販売店で購入。 接続前に現物あわせで、手で曲げて接続部分をあわせこみました。

 
木工などの準備作業に時間がかかりましたが、組立ては短時間ですみました。早速使用開始、排水もスムーズです。
しかし数日経過して、洗面台下の排水トラップから水がにじみ出て床面をぬらすことが判明。
混合水栓に水をかけると、にじみが発生することを突き止めました。
どうも、⑤でやった混合水栓の組立てミスがあったようです。
 早速、LIXILさんの相談窓口にEメールを書いて水栓金具の施工説明書をお願いしました。今回のオフトのものではありませんが、同様の施工説明書を迅速対応で送ってもらいました。原因は、混合水栓と洗面ボールとの間にシール板を挟むのを忘れていたためでした。仮面のような形をしたウレタン性のシートです。
20180414_08_
で、再度組み立てなおし、結果良好となりました。
余談ですが、混合水栓の組立工事要領はネット上の「株式会社カクダイ/Let's Try/洗面/2ハンドル混合水栓の水漏れ修理 ...」にもわかりやすく図解説明されています。

 既設洗面化粧台の廃棄
 化粧台は解体して一般ごみで廃棄しました。 陶器製の洗面ボールは市の大型ごみ受入れ施設に持ち込み廃棄しました。約20kgで300円ですみました。


・反省① 一昔前の洗面ボールはけっこう重いです(約20kg)。おかげで足の筋を痛めてしまいました。後期高齢者には、重量物取り扱い注意です。

・反省② 手抜きは、後のつけが大きいですね。ウレタン性のシート1枚ですが、混合水栓の取付け直しなので,フレキパイプ、排水トラップ、洗面台本体も取外し最初からやり直しです。手抜きはいけませんね・・・。

手抜きしないで、丁寧にやればDIYで手軽にやれそうです。おかげで安く済みました。工事まで依頼すると、標準工事で56万近く(止水栓取替え工事なし)になるので今回はそのうちの手間賃を浮かせることができました。

以下の表は概略の換装工事費用(あくまでも概算参考用)です。以上
20180414__2





2015年10月18日 (日)

お風呂のゴム栓交換(球型ゴム栓の威力)

Photo_12そろそろ寒くなってきたので、お風呂の季節。

夏場はもっぱらシャワーだったので、久しぶりだ。

もう使い始めて30数年経過した風呂だが、風呂桶に水を張って様子を見る。水が少しずつ抜けて、バスルームの排水口に流れ出し、水滴になって、排水口に落下する音がきこえる。

Photo_9
  確認のために、お風呂洗剤のスプレーを水の流れ出している通路と思しきところに吹きかける。洗剤の泡が出てきて、排水口にゆっくりと移動しているのが見えた

風呂のゴム栓がダメになったらしい。虫眼鏡でゴム栓の表面を見ると、一部に筋が入り損傷している。

で、風呂桶の排水口の寸法をスケッチする。

Photo_10  次に、今まで使っていたゴム栓と同じものを探してつけてみるが、やっぱり少し漏れる。

なじむのに時間がかかるのか。手持ちのゴム栓がいくつかあったので、試してみたがどれも漏れる。ゴム栓を洗面器に張った水の中に一日つけておいてもみたが、だめ、困った。

 

Photo_11  で、旅先のホテルでボールの形をしたゴム栓があったことを思い出した。ネットでサーチ。「42ミリ球型ゴム栓 【750ミリボールチェーン付】」が見つかる。

早速入手して使ってみた。すごい、漏れがぴたりと止まった。あれこれゴム栓を試して苦労したのがうそみたい。

ちなみに、品代と送料で1725円なり。ちょっとお高いが、漏水が止まったので、大満足。

  風呂桶の排水栓は、メーカーによっていろいろ違っているらしい。で、DIY店で購入できるゴム栓の説明書には、寸法が同じであっても、ぴたり合うとは限らない趣旨の注意書きがしてある。今回、排水口の寸法に合わせていろいろなゴム栓を試してみたが、漏れはとまらず、結論からいくと、「球型ゴム栓」と、前に使っていた「SANEI バス用Wゴム栓H27-37」がうまく使えた。ただし、後者のゴム栓は、漏れが止まるのに数日かかった。なじみの期間が必要らしい。

  結局「球型ゴム栓」を目下使用中。すこぶる調子がいい。SANEIのゴム栓は予備に取っておこう。風呂のゴム栓不良対策に困ったときは、物は試しで「球型ゴム栓」をお試しあれ。ただし、どの排水口にもぴたり会うという補償はありませんが・・・。

2011年8月28日 (日)

簡単・安く・丈夫に作る2階階段用ベビーゲート

S04_2bak シロウト日曜大工で2階階段用のネジ止めドアタイプを作ってみました。

1. 準備

製作に当たり、シロウト木工について整理しました。

①表題どおり、簡単安い、丈夫が目標です。

②特別な道具は使用しない、今回使用したのは、やすり、キリ、ドライバ、のこぎり程度。

③木材カットは、DIY店に依頼、1カット50円でした。

④組立は、すべて木ネジ止め。補強にL金具(金折というらしい)を使用しました。

2.ポンチ絵で概略設計

S01_201  図はポンチ絵による概略図です。これで、必要木材を書き出します。

①プレーナー加工材(松のようです)・・・概略図参照必要数

②皿木ネジ 20mm/25mm/32mm各種・・・必要量

③ヌリラッチ 特大・・・ 1

④カラー兆番 75・・・2(2個で1組、全4個のうち3個使用) 

⑤特厚金折 (L字型の補強金具)・・・6

備考・・・

①木材について・・・眼で見て曲がりの少ないやつを選別します。

②兆番取り付けはスペースが必要01_202_6 です。固定側と回転側が平行になると少し隙間が開きます。このスペース分を考慮して取付けます。今回は5mmでした。

家庭にあるドアを見ると、このスペース分を削って取付けてあります。さすがにプロの大工さんは違います・・・と感心することしきりです。

3.組立

①木材は表面のバリなどがきれいにとられていますが、手で触って荒れているところをきれいにやすりがけします。

②まず、たて木とよこ木を組み合わせて四角い枠を作りますが、我が家のドアの柱と敷居に木材を当てて直角を出しながら、ネジ止めします。

S02_ ③さらに、特厚金折で補強しますが、ネジ穴を開けるために金具を木材に当ててボールペンで穴をなぞります。次に、すろーぐっちは拡大鏡を使いなぞった円を見ながら、キリをセンターに当てます。

おかげで、ちゃんと四角い枠が出来上がりました。

④さらに、格子、ヌリラッチ、兆番を取付け、ラッチ受けの穴(工作用の彫刻刀使用)を加工して完成です。

4. 反省

・カットしてもらいましたので、シロウトでもそれなりに図面どおりのものができました。

・材料費は3000円くらいでした。突っ張り式のゲートも必要でしたのでヤフオクでゲットしましたが、大体同じくらいの価格でした。工数分だけ損したでしょうか。

マーっ、いかに木工が難しいか勉強代と思うことにします。