無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2016年1月17日 (日)

CF-W4デュアルブート/WinoowsXP+LinuxBean

Cfw4_linuxbean_02

「タイトルが間違えてる???」といわれそうですが、これであってます。さて・・・

●不具合・・・CF-W4Windows7で動かしたが、遅すぎる。

Panasonic Let’s Note CF-W4(CPU:1.2GHzRAM:1.5GB)をプレゼンテーション用に愛用している。外出先でインターネット接続するので、OSを現用のWindowsXPに追加してWindows7とのデュアルブートにし、ついでにSSD(mSATA 128GB + IDE変換アダプタ)の改造をした。

さっそくWindows7でアプリを動かしたが、次の不具合が出た。

(1) パワーポイントの動きが、Windows7では遅い。 WindowsXPのほうがはるかに軽快に動く。

(2) Windows7で起動すると数分後に動きがすごく重くなる・・・というより止まってしまう。どうも、「CPU使用率100% svchost.exe(netsvcs) 問題」にはまってしまったらしい。ネット記事を参考に対策したが、WindowsUpdateのサービスの停止が効果的で、CPU使用率は数パーセントになった。

結局、Windows7を動かすには、RAM2GB以上欲しいが、CF-W4は最大1.5GB。この制約のせいで、CPU使用率100%がでやすいようだ。

●対策 そこで、Windows7はあきらめて、WindowsXP(プレゼンなどMS-Office)LinuxBean(ネット用)にすることにした。以下は、WindowsXP + LinuxBeanデュアルブート準備作業のメモです。・・・というかトラブル集。

 LinuxBeanの種類に注意
LinuxBean2種類あり、スローグッチ所有のCF-W4では、bean12045-150820.iso(日付: 2015-08-19, サイズ: 661.5 MB)をインストールするとうまくいった。

もう一つのbean14043-150820-1.iso(日付: 2015-08-19, サイズ: 652.3 MB)では、無線Lan接続できず。スローグッチは、サポート期間の長いbean14043-150820-1.isoを最初にインストールしたが、無線Lan接続できず、ずいぶん時間を浪費してしまった。

②「Firefix」は自動でインストールでない
 
LinuxBeanの初期画面左上の「OPERA」ではメール内容を閲覧できないので、「LinuxBean 設定ウイザード」を使用して「Google Crome」と「Fire Fox」をインストール。
 前者は簡単にインストールできたが、後者はインストール失敗。結局、手動で「
terminal」から「tar xjf firefox-43.0.4.tar.bx2」とコマンドを入れてインストール。すんなりいったわけでなく、インストール途中の指示通りにしたら何とか「firefox」をインストール完了できた。「Google Crome」と「Fire Fox」ともに、常用しているヤフーメールやyoutubeの閲覧ができた。めでたしめでたし。

 LinuxBeanのデュアルブート画面の編集
PCを起動すると、LinuxBeanのデュアルブート画面が表示されるが、メニュー項目の編集(リネーム、ブート項目の設定)をした。

LinuxBean起動画面の左下隅のメニューボタンを押し「設定」>Grub Customizer」を起動して、「リスト設定(L)」タブを開く。ブート画面に表示される項目を選択して、右クリックすると、タイトルの編集や表示位置の移動ができる。

次に「一般(G)」タブを開き、デフォルトエントリー(起動)のセット、ブート開始時間のセットができる。スローグッチは、起動を「WindowsXP」、ブート開始時間を4秒にセットした。

 Windowデュアルブート画面のWindows7の削除

LinuxBeanWindows7の領域にインストールしたが、Windowsデュアルブート画面にWindows7の項目が残ってしまった。Windows7が動いているときであれば、コマンドプロンプトから「cdtedit」や、「起動と回復」で簡単に編集できたが、あとの祭り。

結局、「Easy BCD 2.1.2」を使い、起動メニュー左の「Edit Boot Menu」から、「Windows7」の項目を削除した。この作業も最初は悪戦苦闘したが、「EasyBCD」を使ってあっさり解決

●反省

 LinuxBeanをインストールしてメール閲覧できるまで、いろいろトラブルがあって時間を浪費した。ネットで関連記事を探索しながら何とか使えるレベルになったが、CF-W4関連記事でも、スローグッチのPCでは記事どおりにいかない場合もあった。Windowsとちがって、関連記事が少ないのがつらい。

 しかし、LinuxBeanの「起動」「停止」のスピードは秀逸。メール閲覧やYoutube の再生もスムーズにできるので、これはもう手放せない。

 WindowsXPでは、ネットを使わないので、「スタートアップ」項目を見直すことにしてみよう。少し「起動」が早くなることを期待して・・・。

以上

2015年10月22日 (木)

Dynabook EX/56KWH液晶ケーブル交換・小修理

  • 01_2
  • パソコンの解体は自己責任でお願いします。

  Dynabook EX/56KWHを使用開始して4年ほど経過した。

最近、液晶画面が突然消えるトラブルが起こり始めた。画面フレームをいつも開いている角度から少し動かすと、画面が出たり出なかったりする。ネットで原因らしきものを検索すると、どうも液晶ケーブルの断線不良が一番疑わしい。

 

さっそく、ヤフオクで「dynabook EX EX/56KWH 液晶パネルケーブル」を注文する。自分でパソコン修理をする場合に、消耗品を供給してくれるパソコン部品専門のお店があるのはとてもありがたい。送料込みで、2,834円なり。

 

入手後、さっそく交換作業にかかる。

 

面倒なのは、液晶ケーブルは液晶とマザーボードをつないでいるので、液晶側とマザーボード側も全部解体する必要があることです。

ケーブルを一本交換するだけなんですけどね。

 

 さて、前に一度、起動スイッチを押しても起動しないトラブルがあり解体しました。マザーボードを開けるまでは、「Dynabook EX/56KWH電源スイッチを押しても起動しない・小修理」に紹介しています。

02_2
この図は、マザーボード左上の長方形のスピーカ(2本のねじで固定)を取外したところです。

PCシャーシの上左端に、液晶ケーブルが見えます。同ケーブルは液晶パネルのヒンジ支持棒の下を通してファン上部を通過後に基盤にコネクタで接続されています。

04

よく見ると、液晶ケーブルは、ヒンジをPCシャーシに固定している金具に共締めされ固定されています。こういうところも組立ての際のポイントですので、写真を残しましょう。

05_2

次に、液晶フレームの4隅のネジを外します。

 

小さいマイナスドライバーて、丸いカバーを外すとネジが見えます。なお、フレーム上部の中央よりに2ヶ所、丸いカバーがありますがここにはネジはありません。液晶を閉じたときの緩衝材のようです。

 

次に、小さなマイナスドライバーやプラスチックのバーで先端を平らに削ったもの(高周波用の調節ドライバーのイメージ)で、傷つけたり破損しないようにフレームの前面カバーを外します。

 

07
液晶フレームの前面カバーを取外したところ

 

液晶下端に、小さい緑色のプリント基板(インバータ基盤)が見えます。

 

液晶ケーブルを見ると、ヒンジ支持棒の下を通り、樹脂製のフレームのケーブルガイド穴を通っているのが見えます

06_2

液晶ケーブルをマザーボードと、図に矢印で示す液晶本体およびインバータ基盤から外します。ケーブル両端のコネクタは粘着テープで固定されています。再使用しますので、ゆっくりと丁寧に外します。

08_2

 なお、液晶のコネクタ接続部は、画面の裏面になるので、液晶も取り外しが必要です。フレームのネジ止めとインバータ基盤のネジ止めも何箇所か外す必要があります。目で追っていくと分かると思います。

 

最後に、分解と反対の手順で組立てて完了です。

 

修理したおかげで、画面が突然消える現象は消失しました。しかし、また何年かしたら異常が再発するのでしょうか。液晶パネルの開け閉めのストレスが原因と思われるので、極力減らすしかないか・・・。

2015年8月 7日 (金)

Dynabook EX/56KWHの DVDドライブ簡単取替

パソコンの解体は自己責任でお願いします。

ちなみに我が家にはDynabook EXシリーズのEX/55EX/46もあり、DVDの取替方法は同じです。

さて、Dynabook EX/56KWHを使用開始して4年ほど経過した。

先日、DVDを使用していたらドライブが激しい動きをして(と・・・すろーぐっちは感じました。)、 短時間にアクセスしては止まるという動作の連続で、故障してしまいました。

品名&形名は Super Multi DVD Rewriter

Model GT20N (ATAK7C7 (旧名板名ATAK7C0)

ドライブを取り外せば(下記参照)本体の名板に表記されています。

 

今回の問題は、次の2つがわからないことでした。

(a) DVDドライブの取外しと取付けの方法

(b) DVDドライブのフロントベゼルの取外し、取付け方法

01_dvdf

(a) DVDドライブの取外しと取付け方法はとても簡単です。ねじ一本で止まっているだけなので、このねじを外せば取外しできます。

ねじの位置は、底面の写真の「F8」と表記された位置。

ねじを取り外して、フロントベゼル底面に爪をひっかけてゆっくりと引き出します。

 (b) 次はフロントベゼルの取外しにかかります。

02_dvd

まず、イジェクト穴にピンを少し差し込んで、DVDマウント面を引き出します。
つぎは、いよいよフロントベゼルの取外しです。

03_

フロントベゼルは4つのツメで取り付けられています。
図に示す①,④、③の順に小さなマイナスドライバーでツメを押しながらゆっくり外していきます。②~④はドライブをひっくり返して作業します。
この3つのツメを外せば②のつめは少し動かすことで外れます。
写真は、ドライブのカバーを取り外した状態ですが、カバーは取り外さなくとも作業できます。

次は取付けです、まず、①前面のツメを完全に入れてひっかけ、次に④のツメをゆっくり入れていけば、取りつきます。ツメの②と③も自然と引っかかります。ツメの相手の穴を確かめながらゆっくり作業します。

04_



(c) 最後に、⑤ねじ取付け用のベゼルを交換して終了です。これは2本のねじで止まっているだけなので交換は簡単です。

 反省
今回はフロントベゼルの交換で苦労しました。フロントベゼルは、ねじ止めとツメで止める2種類があるようです。今回のベゼルは爪止めでした。外観では構造がよくわからなかったので、結局故障したDVDのドライブカバーを開けてベゼルが4本のツメで取り付けられているのを確認しました。

交換後にわかったことですが、フロントベゼル(ツメ止めタイプ)の詳しい交換方法が下記のサイトに紹介されています。
とても参考になります。

http://www.owltech.co.jp/support/drive/panel_change.pdf

以上

2014年4月22日 (火)

Dynabook EX/56KWH電源スイッチを押しても起動しない・小修理

パソコンの解体は自己責任でお願いします。

Dynabook EX/56KWHを使用開始して3年ほど経過した。

HDDメモリの増設やSSD化もして快適に使っていましたが、ある日突然電源スイッチを押しても起動しなくなりました。

最近、PC本体を振るとカラカラと何か外れた音がしていていやな気分がしていた矢先です。

起動しないトラブルは、初体験です。いつものように暇に任せて解体することにしました。これ、リタイヤーして時間がある小生の特権でもあります。

ます、ネットで解体方法をさぐってみる。すでに先人の丁寧な紹介記事がありました。感謝。

すろーぐっちのトラブルの場合は、解体して、電源スイッチ基板のフラットケーブルを入れ直しして組み立てたら起動しました。ということで、原因は配線の接触不良だったらしい。

また、カラカラ音を立てていたのは、裏蓋ネジの樹脂製メネジ受け部が破損していたためでした。

これは仕方ないので、破損部は廃棄してこのまま使用することにしました。

なお、解体時に失敗をしました。それは、触る必要の無いコネクタを無理やりこじって破壊してしまったことです。皆さんはそういうことが無いようにこの記事を参照してうまく解体してください。

以下解体の仕方と、失敗事例の紹介です。

 パソコンの裏にあるバッテリ、HDD(ネジ1本あり)を取り外します。

 裏面のネジ15(赤丸)とバッテリケース内のネジ3(青○)を外します。

01_ai_4

 
表面のキーボードカバーをマイナスの時計用ドライバーを使ってゆっくりとこじ開け、取り外します。

02__4

 キーボードカバー下のネジ4(黄○)を取り外します。
03__6

 キーボードをゆっくりと持ち上げて、キーボード下にあるフラットケーブルコネクタを外します。

コネクタは、左右両端の四角いロック部をゆっくりとディスプレー方向に動かすとケーブルロックが外れてフラットケーブルが抜けます。ケーブルをコネクタに接続する時は、これと逆の手順です。

04_ai_3 図の緑四角で囲んだ部分がフラットケーブルコネクタです。上から電源スイッチ基板、真ん中がキーボードコネクタです。

部品面のカバーはネジを外せば取外せます。すろーぐっちの場合はカバー取り外しは不要でした。

なお、赤で示す2つのコネクタは触らないほうがよいと思います。すろーぐっちはマイナスドライバでこじって破損してしまいました。左のコネクタはファンに、右はスピーカに(ディスプレーの開閉スイッチではありませんでした)接続されているようです。破損しましたが、何とか正常動作しているので、このまま使用することにしました。やれやれ・・・。

 

[後日談]電池を装着し、ACアダプタで通電させ操作していると、電源ボタンを押しても起動しないという異常現象がときどき再発する。ためしに、電池を取外してACアダプタだけで操作すると、異常現象はおこらない。どうも、電池が原因らしい。現在は、必要なとき意外は電池を取外して操作している。

 

2011年1月18日 (火)

EASEUS Partition Masterでコピー元より小容量のHDDに丸ごとコピー(その2)

本文は、EASEUS Partition Masterでコピー元より小容量のHDDに丸ごとコピーの続きで、今回でおしまいです。

なお,本記事に関してEaseUS Partition Master の最新内容をお読みになりたい方は、次のEaseUS Partition Master Freeの日本語公式ページを参照ください。

 

http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html (2017/1/8追記)

8. 以上で準備ができたので、DISK1からDISK2へ丸ごとコピーをします。

 まず画面左ウイザードボックス内のCopy Disk Wizard」を起動します。DISK1を選択し、「NEXT」をクリックします。

Epm_06_disk_copy_wizard

9. DISK1のチェック画面が表示されます。チェック完了でNEXTをクリックします。

Epm_08_disk_copy_wizard

10. コピー先のDISK設定画面になるので、DISK2を選択し「NEXT」をクリックします。

 なお,DISK2の容量不足やUnallocated」でない場合は「NEXT」表示は有効になりません。

Epm_09_disk_copy_wizardhdd

11. DISK2の編集画面が表示されます。必要に応じて操作しますが、ここでは何もせずに「NEXT」をクリックします。

Epm_10_disk_copy_wizardhdd

12. Disk Copy の注意書き画面が表示されるので、「Finish」をクリックします。

Epm_11_disk_copy_wizardcopy

13. Disk Copy の設定確認画面が表示されますので確認し、「Apply」をクリックします。

Epm_12_disk_copy_wizardcopy

14. 2つのダイヤログボックスが順次表示されるので、いずれも「yes」をクリックします。

Epm_13_dcwizard_apply Epm_14_dcwizard_apply_

15. 以降は、パソコンが再起動されてDISKのコピー作業が開始されます。コピーの容量に応じて時間がかかります。160GBのコピーには4時間程度必要でした。

コピーが完了すると、パソコンは自動的に再起動されウィンドウ画面になりますので、

EASEUS Partition Master」を起動して、DISK2DISK1がコピーされていることを確認します。

Epm_15_dcwizard_applyc

16.  以上でコピーが完了しました。WINDOWを終了し電源0FFします。パソコン本体のバッテリーを外して、装着されているDISK1と今回コピーしたDISK2を入換えます。そしてWINDOWが起動し、アプリケーションソフトも動作することを確認して終了です。

 なお、DISK1で削除したり、容量を減少したパーティションは必要に応じて復旧させるといいでしょう。まず、容量を減少したパーティションは「Resize/Move」で復旧させ、次に削除したパーティションは「Create」を使って新しいパーティションを作成します。

使用感・・・本当にすばらしいフリーソフトです。おかげで手持ちのHDDを有効活用することができました。

本ソフトの使用法をネット上に発表している先輩諸賢の皆様に感謝いたします。以上

EASEUS Partition Masterでコピー元より小容量のHDDに丸ごとコピー(その1)

この記事はその1とその2の2つで構成されています。今回はその1です。

Epm_01_epm

最初にご注意・・・本操作は各人の責任でやってください。また、本文を参照して操作した結果についての責任も一切持てません。本操作はHDDのパーティションを操作するためにHDD

の内容をなくしてしまう恐れがあります。
 

なお,本記事に関してEaseUS Partition Master の最新内容をお読みになりたい方は、次のEaseUS Partition Master Freeの日本語公式ページを参照ください。

 

http://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html (2017/1/8追記)

 

常用パソコン・Dynabook EX/56KWHHDDの丸ごとコピー(含むOS&DATA&アプリ)をした。

こんな要望をかなえてくれるフリーソフトを探したら「EASEUS Partition Master」によるHDD丸ごとコピーの記事がネット上でいくつか見つかった。要はコピー元のHDDの容量以上のHDDに丸ごとコピーできるようだ。

 手持ちのHDDを調べてみるとデータのバックアップ用に買ったTRANSCEND160GBHDD2個。Dynabook EX/56KWHの内蔵HDDの容量を調べると320GB(WD3200BEVT)です。

この場合、コピー元のHDD(以下DISK1という)に比べ、コピー先のHDD(以下DISK2という)容量は半分で160GB少ないことになります。

 そこで、次の2案を考えました。

・案1: パーティションコピー機能を使ってOS&DATA&アプリの入っているパーティションだけ(条件はDISK2の容量以下)をDISK2にコピーする。

 2: DISK1の使用していない領域を削除して使用容量をDISK2の容量以下にして、DISKを丸ごとコピーする。

結果として案1は失敗しましたが、案2が成功しましたので、手順を以下に示します。

1. DISK2TRANSCEND HDD 160GB 2.5インチを準備し、パソコンUSBに接続します。

2. EASEUS Partition Master 6.5.2 Home Editionを起動します。文頭の画面が表示される。

3. 次に操作画面が表示されますが、今回操作するのは「Apply」、「Resize/Move」、「Delete」の3つのアイコンと「Copy Disk Wizard」の1つのウイザードです。

Epm_02_epm_3

4. まずDISK2のパーティションを削除します。この操作をしませんと、Diskのコピーができません。手順はDISK2のパーティションを選択して、画面上部にある「DELETE」をクリックします。

Epm_03_disk2_deletec_2

5. 下記注意画面が出るので、「OK」を押します。

  もしDISK2に複数のパーティションがある場合は、この操作を全パーティション分繰り返します。

Epm_04_disk2_delete_2

6. 操作が終了すると確認画面が表示され、DISK2のパーティション表示が「unallocated」になりました。ただこの画面では設定の確認を表示しているだけで、実際の削除はされていません。

最後に「Apply」を押すと実際にパーティションの削除が行われ削除操作完了です。

Epm_05_unallocatedc

7. 次はDISK1の使用容量を減少させて、DISK2の容量160GB以下にする作業です。

 まず、DISK1で使用していないパーティションは削除します。手順はDISK2のパーティションの削除と同様です。(手順の46)

  次に使用しているパーティションでSizeに比べてUsed領域が少ないものがあれば、

Sizeを減少させます。手順は、DISK1のパーティションを選択して「Resize」を起動し、ダイアログボックスの「Partition Size」を指定します。減少したメモリ容量はUnallocated Spaceに自動的に移動します。こうして、DISK1の使用容量(Unallocatedと表示されたパーティション以外のパーティション)DISK2以下に設定します。

ここでも前のプロセスと同様に「Apply」を押して操作を実行します。(ここでの「Apply」は省略して、実際には次のDISK丸ごとコピーの設定プロセスを終了してからまとめて「APPLY」をしてもかまいません。)

Epm_01_disk1

以上で準備ができたので、次回はいよいよDISK1からDISK2へ丸ごとコピー(OS&DATA含む)をします。