無料ブログはココログ

« 退職して、人生を楽しむために | トップページ

2021年3月26日 (金)

リハビリ日記

P1050723_gp01

 

脳卒中で倒れてから、リハビリを兼ねて朝の散歩をしている。

体が不自由なこともあって、当初は数分間と短かった。

幸い、駅に近いこともあり、車を避けて早朝している。

当初、数分間の散歩のルートは少しずつ伸ばして、いつの間にか約40分になった。

近くに小さな神社があり、毎朝参拝をして、一日の安全をお願いしている。

 

昨日ふと気がついて、毎日同じルートでは面白くない。

この頃、めっきりと暖かくなってきて近くの桜もほころんできた。

咲き誇っている花を見たいために、小学校、公園、団地に行き始めた。

小学校のさくらは、校庭一杯、団地の桜は、貯水池枝が垂れてとてもきれいた。

 

こうして、毎朝、楽しみながら散歩を続けている。

 

もう一つ、続けていることがある。

日記である。

昨年の3月初旬、リハビリ病院から退院して、帰宅した。

病院にいたころは、毎日病院のリハビリテーションのプログラムを消化しているだけで手一杯だった。

退院してから、家にこもりがちの毎日である。 

これではいけないので、

近所にリハビリをやっているところがあるが、たくさんの人が集まって、体操したり、声を出している。それだけでは、すろーぐっちには物足らない。

で、パソコンで、日記をつけ始めた。

入院したての頃は、介助なしでは立っていることもままならす、ぶっ倒れたこともあった。

ベットで起きあがっても、体がまっすぐにキープできなかった。

そのうち、体が自由になってきたころから、パソコンを持ってきてもらい日記をつけ始めた。

2020/5/31の日記が残っている。実は、もっと早く日記をつけていたのだが、

HDDのクラッシュでデータが消失してしまい手元にない。

何回も経験しているのだが、バックアップの大切さをみにしみて感じる。

 

さて、何はともあれ日記をつけて助かるのは、すろーぐっちの体の調子が客観的にわかることである。すろーぐっちのブログ「永久ストーマ宣言からの脱出」

で書いたが、すろーぐっちは、直腸カルチノイドという病気をやった。一種の悪性新生物つまり「がん」。記事を読んだご婦人から相談をいただいたこともあった。

なんせ、この「直腸カルチノイド」10万人に一人という罹病率で、大変珍しい病気。

まわりをみても同病の人はいない。

こういう時にネットは便利である。

同病相哀れむで、ネットで今までずいぶんと世話になった。

閑話休題。

今日は、とってもいい天気。天気予報では、明日もはれるらしい。

桜の花を見て、早朝散歩を楽しみにしよう。

以上

« 退職して、人生を楽しむために | トップページ

コメント

46歳の女性です。先日内視鏡をしまして、10ミリのカルチノイドでは?という腫瘍が直腸に見つかりました。
現在生検中で、17日に紹介状を書いてもらう予定となっております。
すろーぐっち様のブログを読んでさいたま新開橋の先生の記事を読ませていただきました。少し遠方になるのですが、受診をしていただこうと思っております!
なかなか、経験者がいらっしゃらずまだ小さな子供もおり、色々考えていたところに本当に感謝です。
お礼を言いたくご連絡させていただきました。先は分かりませんが頑張ろうと前向きになりました。本当に素晴らしい記事ありがとうございました。頑張ります。

この記事へのコメントは終了しました。

« 退職して、人生を楽しむために | トップページ