無料ブログはココログ

« 簡単改造/オーム電機 NIT-BLA6JS-WN・ LEDナイトライトの点灯時間延長 | トップページ | デジタル夜間時計(ds-1302 + pic18f4550)の製作(その2/2) »

2019年6月10日 (月)

デジタル夜間時計(ds-1302 + pic18f4550)の製作(その1/2)

Photo_2

1. デジタル夜間時計製作スタートまで

夜中に起きたときに時間を確認したい。居間の柱にアナログの電波時計はあるが、暗くて見えない。
ネットを見ると数字が大きくて(文字高24mm)見やすい7セグデジタル時計キットが目に入る。

Photo

中国製で700円くらい。3週間ほどして届く。
  早速組み立てて動かす。あれれ、表示が変わる。時間、温度、日付を自動的に切替え表示する。
少し使ってみたが、夜中に起きてすぐに時間を確認したいときに限って、別の項目を表示する。時間表示まで待っていられない。
そこで、デジタル夜間時計なるものを作ることにした。

2. 自作デジタル夜間時計

概略の仕様は以下のとおり。

  ①7セグメント数字表示器は高さ10cmくらいで見やすいもの、色は緑。市販品は1桁で数千円もする。作るしかない。
  ②カレンダーデータはRTCIC(Real Time Clock)ds-1302を使う。先に入手したデジタル時計キットについているものを流用。
  ③picは手持ち品のpic18f4550、プログラム開発はMPLABX,C18を使用。
  
最終的には何とか動くものを製作できたが、主に下記の2つでトラブッタので、反省の意味をこめてメモを残しておきます。
  ・トラブル1・・・7セグメント数字表示機の製作失敗
  ・トラブル2・・・RTCds-1302のカレンダーデータ読み書きトラブル

3.トラブルについて
  ①トラブル17セグメント数値表示機4桁の自作品は写真のとおり。
Photo_1

10mm厚の木板に表面実装型の高輝度緑ledを取付け、7セグメントのスクリーンを100円ショップの発泡スチロール板で製作。
その上に半透明のPP(ポリプロピレン板)を載せた。
結果、セグメントに一様に光が拡散せず、ledの真上が明るすぎて数字として認識できない。
1セグメントに最低2つのledが必要のようだ。
_


  ② トラブル2・・・RTCds-1302のカレンダー・データ読み書きトラブルについて   
   ネット検索すると先人がds-1302の読み出し、書き込みプログラムを公開してくれている。早速、使わせていただいてテスト開始。
しかし、テスト回路の数値表示器には何も表示なし。
トラブルは下記の2点だった。
    (1)デジタル時計キットのds-1302を流用してテスト。当初、pic18f4550portAに接続したが不動作。
すでにportの違いによって動作不良を起こすこ とを経験していた人がいて、portDに接続したら動作した。
このPORTによって不動作となる現象は「新エアーバリアブルBBS DS1302PIC18F2620で?」http://airvariable.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8316054の記事がとても参考になりました。
ありがとうございました。
  ただ、何回かテストしているうちに、ds-1302を壊してしまったらしい。で、代替を手配する羽目になった。
  (2) ds-1302をアマゾンで手配、@百数十円也、chinaからの国際便で到着まで約1ヶ月ほどかかる。
待ってられないので、少し高いがオークション品を入手。これが間違いの元、欠陥品だった。プログラムの読み書きタイミングインターバル関係をいろいろ変えてみたが、動かない。この間、3週間ほど遊んでました。そうこうするうちに、chinaからの国際郵便が到着。早速、取り替えると、すんなり動作した。ふーーーっ。まいった。

以下回路図とプログラムリストは2/2に載せています。

 

  •  

« 簡単改造/オーム電機 NIT-BLA6JS-WN・ LEDナイトライトの点灯時間延長 | トップページ | デジタル夜間時計(ds-1302 + pic18f4550)の製作(その2/2) »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。