無料ブログはココログ

« 簡単製作・USB切替器(8ch)の製作 | トップページ

2018年11月 7日 (水)

ポータブル冷温庫(BESTEK BTCR08) 簡単・扉ラッチ修理

Photo

部屋で使っている小型ポータブル冷蔵庫の扉が開かなくなった。
扉ラッチの解錠機構が故障したようだ。
ドアノブを触っても何の反応もない。

冷蔵庫の表面にはどこにもネジが出ていない。ケースが透明なので、ネジはいっぱい見えるのだが、

で、手持ちの金ベラ(ノートパソコンやiPodのケースを開けるのに使ったもの)を扉の隙間から挿入すると、ラッチに当たってめでたく扉が開いた。(写真の白い部分)

Photo_2

Photo_3


 

結局、ドアノブのラッチの引っ掛かりを移動させて解錠させる部分が破損していた。樹脂製で薄く、耐久性に問題あり。
金属製のものに取り替えることにする。

手持ちの材料を探すと、T字金具(木工で使うジョイント)が見つかった。
まず、破損したドアノブの外形をなぞって図面に取っておく、

Photo_4

Photo_5

現物あわせで、一部を直角に曲げて、解錠部分(破損した部分)をヤスリで削りだす。万力がない。そこで、ペンチを使いT字金具を傷つけないように布に挟んで保持した。

Photo_6

削り終えたら、表面のバリをとって、T字金具とドアノブを万能ボンドで接着。(3枚上の写真参照)
一日置いて、分解したとおりに組み立てて、ドアの開閉ができることを確認。

・まとめ
 この冷蔵庫は電子冷却方式のようで、小型で場所をとらないところが良い。
 ただし、ファンで外気吸引をしているので、ごみが電子回路に付着する。時々、裏面ケースを取外し、ごみ掃除するのがベター。これは電気製品の共通の課題。
 今回使用した、T字金具は厚みも1mm程度で薄く、組み込みに邪魔にならない。また、ドアノブの裏側に接着して、指で直接T字金具を操作しているので、強度もあり、耐久性も期待できる。・・・> というか、この冷蔵庫の扉ラッチは樹脂製で薄く、すぐ壊れそう。もうずいぶん壊れているんじゃないかと思う。弱いとこを補修すればまだまだ使えます。

・まだ修理したばかりなので、耐久性が不明。また経過報告するつもり。

以上

« 簡単製作・USB切替器(8ch)の製作 | トップページ

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/74551879

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブル冷温庫(BESTEK BTCR08) 簡単・扉ラッチ修理:

« 簡単製作・USB切替器(8ch)の製作 | トップページ