無料ブログはココログ

« 卓球ペンホルダーラケットの削りすぎ肉盛り補修(シャンパンコルク使用) | トップページ | 洗面化粧台(2階)の取替えに挑戦(DIY) »

2017年12月 4日 (月)

CV-VJ5日立掃除機・簡単断線修理

電気製品の解体は自己責任でお願いします。

 発端

 掃除機が故障して、ホースの手元スイッチを入れても動かなくなった。

 設備来歴

 掃除機は日立製のCV-VJ52006年製で、使用約10年を経過している。

・修理記事探索

 早速ネットで、同様の修理記事を探索する。

すると、同型機で「掃除機用ホース内の断線・・・云々」の質問箱記事にたどり着く。

断線箇所が、ホースの手元スイッチから掃除機本体までの間の蛇腹部だと、見つけるのに手間取るし、修理も難しいかもしれないと推定する。

そこで、探索ついでにホースの単体売りも見つけたので、ホースの断線なら取替え修理可能と判断。

・解体修理

さっそく、掃除機用ホースの手元スイッチの部分を解体。縦一列にならんだスイッチの両端の木ねじを緩め、分割部を少しこじると2分割できた。次にホースの部分をはずすと、スイッチP板からホースにつながっている2本の配線のうち、グレー色の一本が1箇所断線しているのが確認できた。

 そこで、少し配線被覆部をむいて仮接続し、試運転して掃除機の正常動作を確認した。

その後、断線箇所の半田付けとヒシチューブで被覆絶縁して修理した。

なお、断線修理の際には制御P板を取外したほうが、作業がしやすいです。

001___3

 組立てのポイント
 再組立てで少し手こずった。制御P板のケース部を2つ割れにした際、部品が二つほど外れて、転がった。

ひとつは配線ガイド、もうひとつはパイプをつなぐときのラチェット機構部品です。取付け位置の合いマーク(青マジックペン)をつけた写真を添付してあるので、参考にしてください。

002__

003__

 故障原因
 今回の故障原因は、スイッチ制御P板から本体に行く配線の断線でした。この部分は、ホースと接続されており、スイッチ部分を固定すると接続ホースはほとんど1回転近く回ります。但しストッパーが付いているので、360°は回りません。この回転部を配線が通過しているので、配線長に余裕はありますが、長年のねじれで断線が発生したと考えられます。


 
参考
 制御P板について・・・P板には、タクトスイッチと抵抗が実装されています。ちなみに、スイッチ動作とP板からの出力抵抗値は表のとおりで、抵抗値の変化で、吸引力制御をしているようです。

Photo_2


 
感想

 純正部品の販売サイトを見つけたので、だめもとで解体修理しました。案ずるより生むがやすしで、いつもの簡単修理になりました。掃除機は結構高価なので、再使用できれば年金暮らしにはとても助かります。

以上

« 卓球ペンホルダーラケットの削りすぎ肉盛り補修(シャンパンコルク使用) | トップページ | 洗面化粧台(2階)の取替えに挑戦(DIY) »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/72369217

この記事へのトラックバック一覧です: CV-VJ5日立掃除機・簡単断線修理:

« 卓球ペンホルダーラケットの削りすぎ肉盛り補修(シャンパンコルク使用) | トップページ | 洗面化粧台(2階)の取替えに挑戦(DIY) »