無料ブログはココログ

« 鎌ベイアンプメーター改造その1/単電源・対数VUメーターアンプ(もどき)の簡単製作 | トップページ | 鎌ベイアンプ・メーター改造その3(終)/プリアンプの簡単製作 »

2016年8月13日 (土)

鎌ベイアンプメーター改造その2/既設メーターアンプの簡単改造

01__3

 

はじめに、本改造により生じたことに関して、当方は一切関知しません。また、本改造は、鎌ベイアンプ本体の背面側にあるANALOG METER切替スイッチを「INPUT」にセットした場合だけに関するものであること、アンプ自体も改良変更されているでしょうから、このメモも参考程度であることをお断りしておきます。(趣味でいじくるんですから、当然ですよね。)

 さて、鎌ベイアンプ2000 rev.B SDAR-2100-BK (以下鎌ベイアンプ)の中古を入手した。

本体既設のメーターアンプを利用して何とかメーターが振れる程度まで改造可能かテストした。結果は、それなりに振れるものができたので、メモを残しておきます。

1. 既設メーターアンプの確認と改造点

まず現状のメーター回路を確認したところ、オペアンプ1段の増幅回路と半波整流の典型的なVUメーター回路です。すろーぐっちの音源出力(MP3プレーヤー)では、下記の不具合があり、改造をすることにしました。
01

改造のための回路図は図のとおりで、朱書きの部分が変更箇所で ( ) 内は既設部品の値です。
02__2

改造は次の5項目です。

改造箇所を図中の○印で示します。
03

①オペアンプの動作点が1Vなので、中点の6Vに変更する。R51k10kに変更。

(製造時の取付けミスで10k1kと間違えたか??? わざと動作点をずらして、半波リミッタの機能追加か??・・・?としても、このままでは出力波形が醜くひずむので是正)

②アンプ出力の抵抗R3R46.8KΩを470Ωに変更。メーターの抵抗は約600オームで、約360mV/FS(メーターフルスケール時の電圧は360mV)

  ③おまじないで、メーターに47μ*2個を並列接続。図に示すANALOG METER 切替スイッチP(本体の背面)。極性に注意。おまじないなので、付けなくてもOK
04

 ④アンプ入力を4chセレクタの出力点(ALAR)から取ります。この改造詳細は、「鎌ベイアンプメーター改造その1ALAR」を参照。なお、既設入力ルート(C25C26の直前)のパターンカットが必要です。(参考図参照)
05_
 
 ⑤最後にゲイン調整が必要ですが、これは最後に書きます。現状は、増幅率が
5.7倍であり、振れを良くする為にもっとゲインをあげると良いでしょう。

2. 改造結果
 
鎌ベイアンプの前面パネルの信号入力端子(セレクタⅣ)より約1kHzの信号を入力し、メーター出力を測定しました。鎌ベイアンプのセレクタスイッチ位置はⅣにセットしました。表は、改造前と改造後のデーターを示します。入力と出力の測定点は改造図のそれぞれ①と②の点です。
06_2

 改造前では、入力が4Vp-pでも、メーターのフルスケールの半分以下の出力しかありません。これでは、メーターが振れないのは当然でしょう。

3. 最後にゲイン調整

 2までの改造で、だいぶメーターが振れやすくなりました。ただし、改造後のデータどおり、入力で0.6Vp-pでやっとメーターがフルスケールに振れる電圧です。これではまだ、メーター回路の感度不足だと思います。
 
あとは、帰還抵抗のR27284.7kΩを使用環境に合わせて調整するといいと思います。

このアンプは非反転型なので、ゲインはG =1 + R27 / 1kΩです。

ちなみに、すろーぐっちの場合は、100kΩにしたら次のデータが取れました。
07

 物は試しで、オペアンプ一段のゲインとしては破格の101倍で動作させました。これで、スローバラードのしっとりとした歌でもメーターはビンビン振れます。ただし、リミッターをかけないと昨今流行の音楽では過敏すぎるでしょう。たぶん、これ以下のゲインで十分ではないかと思います。

・感想
 
①鎌ベイアンプの既設メーターアンプを改造して、何とか使えるレベル(メーターが振れてくれる)を目指した。せっかく独立したメーター回路がついているのにもったいないというのが、出発点。目標は何とかクリアーしたか???・・・アンプの入力レベルが不明なので、なんともあいまいで、最後はそれぞれのシステムで調整するしかないというのが結論ですが・・・。
 
②既設メーターアンプの改造では、ローガン(老眼???)の進行したすろーぐっちでは、SMD(表面実装部品)の取り扱いが困難だ。作業途中で、パターンをはがしてしまうおまけも発生。おまけついでに、メーターアンプ改造用のチップ抵抗セット(1k)を購入したが、結局無駄になった。しかし、これで自分の実力が分かった。何でもやってみないとわからないです・・・Hi
 
③最後に思い出しましたが、この「鎌ベイアンプメーター改造その1とその2」では、鎌ベイアンプ本体裏面のANALOG METER切替スイッチを「INPUT」の位置にセットしてください。(蛇足ではありますが・・・)蛇足ついでに、鎌ベイアンプメーター改造その3もあります。ただし、これはメーター改造についての付随的な記事です。

« 鎌ベイアンプメーター改造その1/単電源・対数VUメーターアンプ(もどき)の簡単製作 | トップページ | 鎌ベイアンプ・メーター改造その3(終)/プリアンプの簡単製作 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/66983706

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌ベイアンプメーター改造その2/既設メーターアンプの簡単改造:

« 鎌ベイアンプメーター改造その1/単電源・対数VUメーターアンプ(もどき)の簡単製作 | トップページ | 鎌ベイアンプ・メーター改造その3(終)/プリアンプの簡単製作 »