無料ブログはココログ

« Dynabook EX/56KWHの DVDドライブ簡単取替 | トップページ | Dynabook EX/56KWH液晶ケーブル交換・小修理 »

2015年10月18日 (日)

お風呂のゴム栓交換(球型ゴム栓の威力)

Photo_12そろそろ寒くなってきたので、お風呂の季節。

夏場はもっぱらシャワーだったので、久しぶりだ。

もう使い始めて30数年経過した風呂だが、風呂桶に水を張って様子を見る。水が少しずつ抜けて、バスルームの排水口に流れ出し、水滴になって、排水口に落下する音がきこえる。

Photo_9
  確認のために、お風呂洗剤のスプレーを水の流れ出している通路と思しきところに吹きかける。洗剤の泡が出てきて、排水口にゆっくりと移動しているのが見えた

風呂のゴム栓がダメになったらしい。虫眼鏡でゴム栓の表面を見ると、一部に筋が入り損傷している。

で、風呂桶の排水口の寸法をスケッチする。

Photo_10  次に、今まで使っていたゴム栓と同じものを探してつけてみるが、やっぱり少し漏れる。

なじむのに時間がかかるのか。手持ちのゴム栓がいくつかあったので、試してみたがどれも漏れる。ゴム栓を洗面器に張った水の中に一日つけておいてもみたが、だめ、困った。

 

Photo_11  で、旅先のホテルでボールの形をしたゴム栓があったことを思い出した。ネットでサーチ。「42ミリ球型ゴム栓 【750ミリボールチェーン付】」が見つかる。

早速入手して使ってみた。すごい、漏れがぴたりと止まった。あれこれゴム栓を試して苦労したのがうそみたい。

ちなみに、品代と送料で1725円なり。ちょっとお高いが、漏水が止まったので、大満足。

  風呂桶の排水栓は、メーカーによっていろいろ違っているらしい。で、DIY店で購入できるゴム栓の説明書には、寸法が同じであっても、ぴたり合うとは限らない趣旨の注意書きがしてある。今回、排水口の寸法に合わせていろいろなゴム栓を試してみたが、漏れはとまらず、結論からいくと、「球型ゴム栓」と、前に使っていた「SANEI バス用Wゴム栓H27-37」がうまく使えた。ただし、後者のゴム栓は、漏れが止まるのに数日かかった。なじみの期間が必要らしい。

  結局「球型ゴム栓」を目下使用中。すこぶる調子がいい。SANEIのゴム栓は予備に取っておこう。風呂のゴム栓不良対策に困ったときは、物は試しで「球型ゴム栓」をお試しあれ。ただし、どの排水口にもぴたり会うという補償はありませんが・・・。

« Dynabook EX/56KWHの DVDドライブ簡単取替 | トップページ | Dynabook EX/56KWH液晶ケーブル交換・小修理 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/62102823

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂のゴム栓交換(球型ゴム栓の威力):

« Dynabook EX/56KWHの DVDドライブ簡単取替 | トップページ | Dynabook EX/56KWH液晶ケーブル交換・小修理 »