無料ブログはココログ

« ローテンブルクのお祭り「帝国自由都市祭」に出会った | トップページ | 脳梗塞後の運転免許更新の一方法・日本身障運転者支援機構さんは大きな味方 »

2015年3月21日 (土)

PC(DVDプレーヤー)イヤーホン出力の簡易アッテネータ自作

01_audio_att_02

PCDVDプレーヤーでDVDムービーを再生してイヤーホンを使用する場合、音量レベルを最小にしても音が大きくて困ることがあります。すろーぐっちの持っているノートパソコン(NEC CF-W4)もおなじで、スピーカの音量調節レベルを、音が消えるひとつ前にセットしても、イヤーホンから出てきる音量がけっこう大きいし、レベルをセットするのが面倒です。。

02_audio_att_

市販品で数百円程度のアッテネータもありますが、音量が0にならない、減衰量の大小に不満があるなどがネットの評価で出ていました。(察するところ、イヤーホンに直列に可変抵抗を入れたもののようです。)

そこで、イヤーホン出力の簡易アッテネータを自作してみました。

製作目標としては、下記のとおりです。

    音源の最大音量までコントロールできること

    音量0(無音)までコントロールできることと

    音量のコントロールは最小~最大間を自由にコントロールできること

まず、手持ちのイヤーホンのインピーダンスをテスターで測ってみると、左右とも16Ω、また、ステレオヘッドホンは左右ともに32Ωでした。

アッテネータの回路はパイ型、T型などがありますが、テストした結果、すろーぐっちの用途では図の簡易な回路で十分でした。

03_audio_att__3

  • 02_audio_att__4

1kオームの可変抵抗はBカーブ特性(直線)を使用します。

A特性(対数)も試してみましたが、つまみを回しても、図の08まではほとんど変化なし、810の間で音量が最小から最大調整できますが、調整回転角が小さくて不便です。

Bカーブ特性(直線)では、0で音量が消失、右回転に比例して音量が増加して10で最大になりました。

03_audio_att__2

部品は、単3乾電池2本収納の箱に入れました。左右両端にイヤホンジャックを取付け、真ん中に1kオームの2連可変抵抗器を取付けます。箱の表面は、簡易印刷名板を両面テープで貼付けて完成です。

今回の制作費は、購入品が1kΩの2連可変抵抗器(B特性)1345円だけでした。電池ボックス×1個、ステレオジャック×2個とつまみを追加しても1000円でおつりがきます。重宝する一品です。

« ローテンブルクのお祭り「帝国自由都市祭」に出会った | トップページ | 脳梗塞後の運転免許更新の一方法・日本身障運転者支援機構さんは大きな味方 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/59344943

この記事へのトラックバック一覧です: PC(DVDプレーヤー)イヤーホン出力の簡易アッテネータ自作:

« ローテンブルクのお祭り「帝国自由都市祭」に出会った | トップページ | 脳梗塞後の運転免許更新の一方法・日本身障運転者支援機構さんは大きな味方 »