無料ブログはココログ

« 1w×2 ステレオシステム(トーンコントロール付)の製作 | トップページ | 1w×2 ステレオシステムのゲイン低減改造 »

2009年9月15日 (火)

+1.5V 定電圧電源(電池の代替)の製作

S15v_13

パソコン作業のBGM用にmp3プレーヤー(sandisk e130)を愛用しています。電源は、単四電池一本です。このプレーヤーの所要電源は1.5V/100mA程度でいいようです。

ほとんど一日中かけているので、充電池駆動ですと2日目に電池交換が必要になります。

作業机での固定使用なので持ち歩くことはなく、専用の定電圧電源か欲しくなりました。

早速ネットで調べましたが、AC100V/DC1.5Vの市販品は見当たりません。

意外と1.5Vはありませんね。そこで作ることにしました。

可変出力三端子レギュレータLM317Tのデータシートに使用例があったので、そのまま流用しました。回路図を図に示します。出力調整用抵抗は固定の1%を使いました。

「1.5V回路図.jpg」をダウンロード

また、LM317Tの入力は、以下の2つの方法を試しました。

1つは、前に製作した1W×2ステレオアンプのDC電源9Vを使ってみました。レギュレータでの発熱は0.75W(=0.1A×(9V1.5V))程度ですが、指で触ってみると結構熱くなります。

2つ目は手持ちのACアダプタを探したら、5V1.5Aがあったので試してみました。

発熱はほとんど感じられなくなり、これを使用することにしました。

ちなみに+1.5V定電圧電源の入出力を測ってみると、入力電圧は5.11V、出力は1.49V でした。

箱は近所の百円ショップで調達。ちょっと背が高く、現在は同じく百円ショップで見つけたレターボックスに入れ替えて使用しています。スペースがありすぎて、mp3プレーヤーも収容できます。

mp3プレーヤーからの電源線の引き出し改造はパターンが小さいので注意が必要ですが、

小手先の細い半田ごてを使えば大丈夫です

mp3プレーヤーの改造については、とても小さい機器でもあり分解するのが心配でしたが、「system2222」というホームページに内部写真を含む解説が紹介されていてとても助かりました。

http://wiki.livedoor.jp/hide_system/d/SanDisk%20sansa%20e130(SDMX2-512B-J65A)

また、AC100Vの入力ラインに入れた電源スイッチで、電源ON/OFFをするようにしました。使用感ですが、充電池交換から開放されて音楽を楽しんでいます。

ただ、mp3の再生を止めてそのままにした場合に、電源スイッチを切り忘れてしまうことがあり、電源表示LEDを追加しようかとも考えています。

S15v_10 S15v_11 Smp3   

« 1w×2 ステレオシステム(トーンコントロール付)の製作 | トップページ | 1w×2 ステレオシステムのゲイン低減改造 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269828/31383800

この記事へのトラックバック一覧です: +1.5V 定電圧電源(電池の代替)の製作:

« 1w×2 ステレオシステム(トーンコントロール付)の製作 | トップページ | 1w×2 ステレオシステムのゲイン低減改造 »