無料ブログはココログ

現代エレクトロニクスの偉人と会った

カナダのナイアガラの滝は、誰でもが知っている。

その滝に関係している科学者「ニコラ・テスラ」を知っている人は、スローグッチのまわりにはあまり大勢いない。

テスラといえば、テスラモーターの名を聞いた人がいると思う。

そう、電気自動車で有名である。

 

小生にとっては、「ニコラ・テスラ」さんは、誘導電動機や無線通信を発明した大恩人である。学生時代は、無線通信に夢中になり通信士の免許を取った。

社会に出てからは、誘導電動機のメンテナンスの技術機器の設計に携わった。

メンテナンスの実用書も数冊、世に送り出した。

 

そんなことで、「ニコラ・テスラ」さんには、長い間、一目お会いできればと思っていた。

社会人を引退し。時間ができた今、長い間の夢を実行することにした。

すでに、「ニコラ・テスラ」さんは、ナイアガラの滝のそばにある公園に彫像があることが分かっていた。で、20199月のカナダ・ナイアガラの滝のツアーに参加した。

 

ちょうど、宿泊したホテルのそばに滝があった。

早朝、散歩を兼ねて彫像のある公園に出かけた。

 

公園の入り口から十数分で、滝を見下ろす小高い丘に彫像が見つかった。

これは、その時の記念写真。

ちょっとすぐ近くにいた観光客にお願いして、シャッターを切ってもらった。

 

あとで、確認したところ、面白い写真が出てきた。

うーんっ。

でも、テスラさんには失礼しました。

もうこれからは、テスラさんへは足を向いて寝られない。

 

T_20200828105301

 

2021年3月26日 (金)

リハビリ日記

P1050723_gp01

 

脳卒中で倒れてから、リハビリを兼ねて朝の散歩をしている。

体が不自由なこともあって、当初は数分間と短かった。

幸い、駅に近いこともあり、車を避けて早朝している。

当初、数分間の散歩のルートは少しずつ伸ばして、いつの間にか約40分になった。

近くに小さな神社があり、毎朝参拝をして、一日の安全をお願いしている。

 

昨日ふと気がついて、毎日同じルートでは面白くない。

この頃、めっきりと暖かくなってきて近くの桜もほころんできた。

咲き誇っている花を見たいために、小学校、公園、団地に行き始めた。

小学校のさくらは、校庭一杯、団地の桜は、貯水池枝が垂れてとてもきれいた。

 

こうして、毎朝、楽しみながら散歩を続けている。

 

もう一つ、続けていることがある。

日記である。

昨年の3月初旬、リハビリ病院から退院して、帰宅した。

病院にいたころは、毎日病院のリハビリテーションのプログラムを消化しているだけで手一杯だった。

退院してから、家にこもりがちの毎日である。 

これではいけないので、

近所にリハビリをやっているところがあるが、たくさんの人が集まって、体操したり、声を出している。それだけでは、すろーぐっちには物足らない。

で、パソコンで、日記をつけ始めた。

入院したての頃は、介助なしでは立っていることもままならす、ぶっ倒れたこともあった。

ベットで起きあがっても、体がまっすぐにキープできなかった。

そのうち、体が自由になってきたころから、パソコンを持ってきてもらい日記をつけ始めた。

2020/5/31の日記が残っている。実は、もっと早く日記をつけていたのだが、

HDDのクラッシュでデータが消失してしまい手元にない。

何回も経験しているのだが、バックアップの大切さをみにしみて感じる。

 

さて、何はともあれ日記をつけて助かるのは、すろーぐっちの体の調子が客観的にわかることである。すろーぐっちのブログ「永久ストーマ宣言からの脱出」

で書いたが、すろーぐっちは、直腸カルチノイドという病気をやった。一種の悪性新生物つまり「がん」。記事を読んだご婦人から相談をいただいたこともあった。

なんせ、この「直腸カルチノイド」10万人に一人という罹病率で、大変珍しい病気。

まわりをみても同病の人はいない。

こういう時にネットは便利である。

同病相哀れむで、ネットで今までずいぶんと世話になった。

閑話休題。

今日は、とってもいい天気。天気予報では、明日もはれるらしい。

桜の花を見て、早朝散歩を楽しみにしよう。

以上

2020年9月19日 (土)

退職して、人生を楽しむために

グッチが実践している項目を、まとめてみた。
① 早朝の散歩
② ごみ捨て
③ 散歩の途中で口ずさむナツメロ
④ メール
⑤ 写真集
⑥ 旅
の7項目があげられる。

 

① 早朝散歩と愛唱歌
年をとると朝早く目が覚める。で、せっかくだから、ごみ捨てと早朝散歩をする。
今は9月、涼しくなってきて散歩には好都合の季節である。
最初に、起床するとトイレ、歯磨き、着替えをすます。
一般の人には、何でもない作業であるが、小生は右足と左手に少し麻痺が残っているので一苦労。洗面台に寄っかかって、歯磨きする。 それから、ハンカチを水に濡らしてから、顔を拭く。
洗顔が終わったら、リビングを横断してタンスへ、
着替えの衣類を出して、寝室の作業机へ。
ここて、着替えをすます。

 

そして、台所のごみ袋を持ってくる。
ごみの残りが残ってないか確かめてから、ふくろをしばる。

 

それから、今日は何の種類のごみを捨ててもいいか確認する。
これが今日の曜日を自覚するためによい。
病院にいたときは、食堂でカレンダーを見ながらみんなで、今日は何月、何日、何曜日
と唱和したものだ。

 

朝、目覚めたときには、とっさには今日は何日て、何曜日思い浮かばないから、

 

そして、ごみ袋を集積所に運ぶ。
ごみ捨てが完了したら、散歩に出発、
小生の散歩コースは、大体決まっている。
気を付けるのは、車とバイク。

 

早朝のために車はほとんどないが、土建の資材を積んだ車は飛ばすので注意、
特に交差点の横断には注意が必要。

 

右と左に注意しながら、好きな歌を口ずさむうちに、いつもの神社につく。
家族と友人の健康を祈って参拝をする。

 

ここからは、町内の公園を一周する。
今の季節は、公園の周りの桜の木から、色づいた枯れ葉が落ちている。
まだ、あつい残暑ではあるが、なんとなく、秋を感じるひと時である。

 

こうして、一周約40分。
好きな歌を頭で歌いながら、早朝散歩が終わる。
長いようであるが、歌を頭に思い浮かべながら散歩していると、
時間の経過を感じない。
ワープしているようである。
愛唱歌は、ありがたい。
小生の愛唱歌は「学生時代」である。
散歩都庁でも、一瞬にして高校時代にワープできる。

 

皆さんの早朝散歩時には、どう過ごしているのかな。

 

2019年6月10日 (月)

デジタル夜間時計(ds-1302 + pic18f4550)の製作(その2/2)

  1. 夜間時計の回路図とプログラム例
    各々のファイルを添付します。

    ダウンロード - p18f4550_e5a49ce99693e69982e8a888e59b9ee8b7afe59bb3.doc

    ダウンロード - p4550clock_e38397e383ade382b0e383a9e383a0e383aae382b9e38388.doc

    1.1 回路について

       4桁・7セグメントLED2個使用し、1つは年月表示、もうひとつは主に時刻表示(モード切替で、分秒、月日、年を表示)

    手持ち品流用で、年月表示はカソードコモン、時刻表示はデジタル時計キット流用品)はアノードコモンで、混在してしまった。仕方ないので、トランジスタアレー(TBD62083APG)で論理を反転させている。

    1.2プログラムのメモ

    ・ できるだけ関数にまとめた。

    • メインの後に関数を配置すると、コンパイルエラーを起こす。この現象は、関数をプロトタイプ宣言していても起こす。そこで、関数はすべて、メインの前に記述している。
    • システムクロックはfs = 8MHZ (内部発振器)を使用。
    • ds1302の初期化・・・MODE_SW + SNOOSE_SW 同時押ししてPOW-ON
    • ds-1302の書き込み・読み出し制御・・・DS1302 ClockPraneeth Kanishka氏のプログラムがわかりやすかったので、参考にさせてもらった。
    • Timer0割込み1msecトリガーで、7セグメント表示器をdynamic点灯させる。
    • 7セグメント.輝度調整・・・Timer0の割込み1msec周期では、明るすぎるので、セグメントを表示する時間は1msecのうちの20usec間にしている。これでも暗い場所では良く見える。すごい省エネ化???
    • スイッチ操作
      Photo_3

      3. 反省

      • 文字高10cm以上の7セグメント数値表示器を作るのが次の課題。但し、2led/1セグメントが必要。Led並列接続であれば、DC5Vでの駆動が可能。
      • アラーム関係のスイッチのプログラムは積み残した宿題。
      • 久しぶりのPIC工作で、完成までだいぶ時間を必要としたが、ボケ防止には役立ったと思う。


       

     

     

デジタル夜間時計(ds-1302 + pic18f4550)の製作(その1/2)

Photo_2

1. デジタル夜間時計製作スタートまで

夜中に起きたときに時間を確認したい。居間の柱にアナログの電波時計はあるが、暗くて見えない。
ネットを見ると数字が大きくて(文字高24mm)見やすい7セグデジタル時計キットが目に入る。

Photo

中国製で700円くらい。3週間ほどして届く。
  早速組み立てて動かす。あれれ、表示が変わる。時間、温度、日付を自動的に切替え表示する。
少し使ってみたが、夜中に起きてすぐに時間を確認したいときに限って、別の項目を表示する。時間表示まで待っていられない。
そこで、デジタル夜間時計なるものを作ることにした。

2. 自作デジタル夜間時計

概略の仕様は以下のとおり。

  ①7セグメント数字表示器は高さ10cmくらいで見やすいもの、色は緑。市販品は1桁で数千円もする。作るしかない。
  ②カレンダーデータはRTCIC(Real Time Clock)ds-1302を使う。先に入手したデジタル時計キットについているものを流用。
  ③picは手持ち品のpic18f4550、プログラム開発はMPLABX,C18を使用。
  
最終的には何とか動くものを製作できたが、主に下記の2つでトラブッタので、反省の意味をこめてメモを残しておきます。
  ・トラブル1・・・7セグメント数字表示機の製作失敗
  ・トラブル2・・・RTCds-1302のカレンダーデータ読み書きトラブル

3.トラブルについて
  ①トラブル17セグメント数値表示機4桁の自作品は写真のとおり。
Photo_1

10mm厚の木板に表面実装型の高輝度緑ledを取付け、7セグメントのスクリーンを100円ショップの発泡スチロール板で製作。
その上に半透明のPP(ポリプロピレン板)を載せた。
結果、セグメントに一様に光が拡散せず、ledの真上が明るすぎて数字として認識できない。
1セグメントに最低2つのledが必要のようだ。
_


  ② トラブル2・・・RTCds-1302のカレンダー・データ読み書きトラブルについて   
   ネット検索すると先人がds-1302の読み出し、書き込みプログラムを公開してくれている。早速、使わせていただいてテスト開始。
しかし、テスト回路の数値表示器には何も表示なし。
トラブルは下記の2点だった。
    (1)デジタル時計キットのds-1302を流用してテスト。当初、pic18f4550portAに接続したが不動作。
すでにportの違いによって動作不良を起こすこ とを経験していた人がいて、portDに接続したら動作した。
このPORTによって不動作となる現象は「新エアーバリアブルBBS DS1302PIC18F2620で?」http://airvariable.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=8316054の記事がとても参考になりました。
ありがとうございました。
  ただ、何回かテストしているうちに、ds-1302を壊してしまったらしい。で、代替を手配する羽目になった。
  (2) ds-1302をアマゾンで手配、@百数十円也、chinaからの国際便で到着まで約1ヶ月ほどかかる。
待ってられないので、少し高いがオークション品を入手。これが間違いの元、欠陥品だった。プログラムの読み書きタイミングインターバル関係をいろいろ変えてみたが、動かない。この間、3週間ほど遊んでました。そうこうするうちに、chinaからの国際郵便が到着。早速、取り替えると、すんなり動作した。ふーーーっ。まいった。

以下回路図とプログラムリストは2/2に載せています。

 

  •  

2019年5月26日 (日)

簡単改造/オーム電機 NIT-BLA6JS-WN・ LEDナイトライトの点灯時間延長

Led_01

夜間、トイレを使うときにと購入。約1000円でした。
期待通り、まぶしくもなくトイレに入ると点灯してくれます。

使っていての不具合点は次のとおり。

  1. 数ヶ月で電池取替えが必要で、電池交換がちょっと面倒
  2. 便座に座って動かないと、点灯後約10秒間で消灯する。

    で、解体して改造。
    点灯時間は、もう少し長いほうが良い。再点灯させるには、動かないとだめなので・・・、気ぜわしい。
    人感センサー式と書いてあったので、てっきり動かなくても、人がいる間は点灯してくれるものと思っていた。(実際は物体からの赤外線放射の変化を感知して、物の動きを検出するらしい。)
  • 解体は、写真のとおり金ノコを使用して切断。内部回路を破壊することなく成功。
    (当初、こじつて分解できるかと思ったが、しっかり接着してあったようで分解不能。ノコを使用した。)
    Led_02
  • 中のプリント板は2本の+ねじを取外して外せる。
  1. 電池式からAC電源化・・・電池式をACアダプタ(入力AC100V / 出力DC5V)に交換。電池の配線をたどって、DC5Vのプラスマイナスの線を本体外部に引き出す。あとは、手持ちのDCジャックをプリント板の切れ端に取り付ける。電力は100mAもあれば十分のようだ。(電力を一番消費するのは、LED点灯時、それ以外は、電池動作のPIRセンサー(Passive Infra-Red:赤外線感知)が内蔵されており、ほとんど電力を消費しない様子。)
  2. 点灯時間の変更・・・ledの点灯制御はBISS0001(Micro Power PIR Motion Detector IC)が使われている。
    Led_03_   

    点灯時間に関係する回路は図の黄色い丸印の部分。 右端の水色の部品は追加コンデンサ。

    Led05_


    これは手書きの配線図

    Led_04__1

     

      ここで、データシートによれば、
      点灯時間Tx 24576 × R10 × C6
       休止時間Ti ≒ 24 × R9 × C7 (Tiはノンリトリガブルモードでの休止時間)

    C6,C7のコンデンサの容量が良くわからないので、チップ抵抗の表記と現状のTx(10秒)とTi(1秒)を実測して、上記の算出式からC6とC7の数値を算出した。結果は下表のとおり。
    Led_04_ 
    点灯時間を120secにするため、C6に並列に0.01μFを半田付け。
    その結果、点灯時間は、元の10secから約110secになった。

    ◎使用感
    点灯時間を長くすることにより、我が家で使い勝手はとても良くなった。まずはめでたしめでたし。

  • BSII0001をリトリガブルモードに設定しているが、どうもうまく働いていない様子???。
    人は居るのだがTx経過後にledがoffしてしまう。ここで体を動かさないとledが点灯しない。この人間センサーは、人が動いてないとトリガーが働かないようだ。 PIRセンサーとはそういうものらしい。

2019年5月24日 (金)

卓球・日本式ペンホルダー単板ラケットの割れ修理

ダーカースピード25PI、使用開始後1年少しで、真っ二つに割れた。

このラケット、打球感がとてもよく愛用の品である。

02_

卓球仲間に聞くと、接着面での打球感が違ってきて使いづらいとのこと。

何とか再使用できないかと、ネットを探る。

結局、接着修理が良いらしい。

まーだめもとで接着してみよう。

で、先人の下記の教えどおりに接着。

  1. 割れた面の小さなごみくずを、歯ブラシで除去。
  2. 割れた部分に十分水をしみこませる。(これ、とても大事だと思う)
  3. 木工用ボンドを接着面に十分塗布。
  4. 接着面を合わせた後、はみ出した接着剤を布でふき取る。
  5. 接着面を固定するために、カレンダーの紙とビニールテープでラケットをぐるぐる巻きにした。まるでピラミッドの棺に入ったミイラみたいです。
    03

    その後、一日経過してテープと紙を除去して、接着完了を確認。

    当分使えないと判断して、同じ型名のラケットを購入。修復したラケットはそのまま1年ほど保管。

    最近、裏面打ちをはじめたが、裏面にラバーを張ったために全体が重くなった。手首を痛めそう・・・

    何か良い方法はと思い、またネットをさぐる。ブレードの大きさは特に制限はなさそう。結局、ブレードの長手方向7ミリほど削ることにした。

    これに使ったのが、修復して保管しておいたラケットで、写真のとおり。

     

    04_

    ブレード上辺部分の黒く見える部分が削った部分。
    (大きさ比較のために、背中合わせにしたもう一つのラケットの黒いラバー部分)

    ・使用感・・・

    実際の使用感は振りぬきがよく、裏面うちも手首に負担がかからない。

    また、接着もとてもいい状態らしく、打球の違和感もなし。

    ブレードの両面にラバーを張ってあるので、接着面の補強にもなっていると思う。

    せっかくのヒノキの単板、再利用できてうれしい限り。

2018年12月 6日 (木)

フーリエ級数展開でのすろーぐっちのもやもや

01_

 すろーぐっちのもやもや
 フーリエ級数展開では、複雑だが周期性のある波形は単純な波形の組合せで表現できる。これら単純な波形の各振幅を計算する場合に、三角関数の掛け算の積分が出てくる。
この積分の結果を図示して説明する場合に、周波数が高くなると良く分からなくなってくる???・・・というのが、すろーぐっちのもやもやでした。
 
 例示すると以下のようなものです。なお、簡単にするため図の振幅の最大値を1にしてある。波形はTsecで繰り返していて、nは三角関数の掛け算で、最初のcos波のω(=2πf)の乗数を示します。

Photo_2

 結論から言うと、三角関数の積和公式を使うともやもやが吹っ飛び、すっきりしたのですが・・・。以外と三角関数の掛け算の形のまま図示して説明している場合も多く見受けられたために、こんな疑問を持ってしまいました。

以下の添付資料は、すっきりした顛末記です。
「sukkiri_fourierseries.pdf」をダウンロード

 
反省
 つらつら反省すると、分かってしまうと当たり前のことでもやもやしていました。馬鹿みたいと言われそうですが(事実、ばかですね)、もやもや期間が結構長かったんです。でも、すろーぐっちには、こんなこと結構あるんです。
 それにしても、もう約2世紀も前にフーリエ級数展開を考えたフーリエ男爵はすごい。

SONY クロックラジオ・CFM-175TV の小修理

01cfm175tv01_

  電気製品の解体は自己責任でお願いします。

 
発端
  台所で聞くラジオを時計付きに替えたくなった。時計はアナログがよく、ラジオの音もそれなりのものを探した。結局、以前おばあちゃんが使っていた首記の物にたどり着いた。発売が1994年で、約24年も前。で、ヤフオクでラジオ受信・カセット動作OKの中古を送料込み約2500円でゲット。
  早速、電源ケーブルを接続して動作確認。ラジオ受信・カセット動作OK。これは拾い物と思いきや、電池では不動作・・・。で、解体してみる。まずは、解体写真を残す。

01cfm175tv01__2 


1.
 不具合点  下記2+1(おまけ)の不具合発見。
 さび発生・・・電池・単24本用の電極のバネにうっすらとさび。時計用の単3電池のバネは電池の液漏れでバネの腐食が進み再使用不能。さらに、電源ユニットシールドボックスのさび発生。

 電源ユニット内蔵のスイッチ不良・・・AC/DC切替え用のスイッチ端子にさび発生。導通不良。

 おまけ・・・アナログ時計の機構部は樹脂製の歯車の組合。特に秒針が動くと歯車同士の擦過音が「カシャッ、カシャッ」)と耳障り。
02cfm175tv22_

03cfm175tv10_

04cfm175tv11_

2. 対策修理
①は、さびの発生部にCRC556を吹きつけて少し置いた後で、小型やすりと紙やすりでさび取り。使用不能のバネは、手持ち電池ケースのバネを取外して整形後に取替えた。

②電源ユニット内蔵のスイッチ不良 端子全面にさびが進展して導通なし。
回路をたどってみると、AC100Vから作ったDC電源と、電池電源を切替えているスイッチ。(余談だが、この回路が不動作でも、AC100V電源からラジオ回路にDCが供給されて、ラジオは動作する。) 電池電源で動作しないのはこのスイッチの不良のためと判明。
で、解体して修理、結局は、電極にCRC556を吹きつけて、ヤスリでさびを除去。テスターで導通を確認して組み立てる。

  それにしてもこのスイッチの設計はすばらしい。 3本の細長い端子とこれに接触する回転電極部で構成されており、端子はスプリングの役目も持っている。ACプラグを挿入すると、このスイッチの回転電極部が押されて回転し、3本の細長い端子間でスイッチの開閉動作が実現される。(写真は、ACコネクタを裏返したところ)

05cfm175tv16_acsw

 
アナログ時計は、解体すると歯車機構が現れる。この歯車に万能機械油(100均で購入)を数滴さした。歯車回転に伴う耳障りな高音が見事に消失して、枕元においても音が気にならない。成功。(時計の歯車機構の写真は撮り忘れた)

3.時計
再組立て時のメモ

Cfm175tv36_

3.1
 時計針の組み込み
 まず、アラーム針(目安針)、このラジオでは透明プラスチックの赤い矢印の付いた回転板である。板の中央に切り込みの入った穴を目印にして回転軸に取り付ける。

 つぎに、時、粉、秒針の順である。

3.2 アラームONの調整
①アラーム針を12時にセットする。

②つぎに、分針を回転させる。何回か回転するうちにカチッと音がしたところが、アラームオンの位置で、この位置で分針の回転を停止する。

 最後に、時、粉、秒針を取外したのち、すべての針を12時にセットして取り付ければ、アラーム位置の調整終了。

4. 感想
 このラジオは製造後20年を経過している。どんな環境におかれていたかは定かではないが、不具合はさびの進展だけだった。良くある不良は、電解コンデンサのパンクなのだが、このラジオはまったくなかった。約+5Vの電源回路の平滑コンデンサは16V耐圧が使用されており、十分に余裕があったためか・・・。

 
それにつけても、今回修理した電源ユニット内蔵のスイッチ機構はシンプルですばらしい。(感動!!!) さびを取ったのでもう少し使えそうだ。

以上

2018年11月 7日 (水)

ポータブル冷温庫(BESTEK BTCR08) 簡単・扉ラッチ修理

Photo

部屋で使っている小型ポータブル冷蔵庫の扉が開かなくなった。
扉ラッチの解錠機構が故障したようだ。
ドアノブを触っても何の反応もない。

冷蔵庫の表面にはどこにもネジが出ていない。ケースが透明なので、ネジはいっぱい見えるのだが、

で、手持ちの金ベラ(ノートパソコンやiPodのケースを開けるのに使ったもの)を扉の隙間から挿入すると、ラッチに当たってめでたく扉が開いた。(写真の白い部分)

Photo_2

Photo_3


 

結局、ドアノブのラッチの引っ掛かりを移動させて解錠させる部分が破損していた。樹脂製で薄く、耐久性に問題あり。
金属製のものに取り替えることにする。

手持ちの材料を探すと、T字金具(木工で使うジョイント)が見つかった。
まず、破損したドアノブの外形をなぞって図面に取っておく、

Photo_4

Photo_5

現物あわせで、一部を直角に曲げて、解錠部分(破損した部分)をヤスリで削りだす。万力がない。そこで、ペンチを使いT字金具を傷つけないように布に挟んで保持した。

Photo_6

削り終えたら、表面のバリをとって、T字金具とドアノブを万能ボンドで接着。(3枚上の写真参照)
一日置いて、分解したとおりに組み立てて、ドアの開閉ができることを確認。

・まとめ
 この冷蔵庫は電子冷却方式のようで、小型で場所をとらないところが良い。
 ただし、ファンで外気吸引をしているので、ごみが電子回路に付着する。時々、裏面ケースを取外し、ごみ掃除するのがベター。これは電気製品の共通の課題。
 今回使用した、T字金具は厚みも1mm程度で薄く、組み込みに邪魔にならない。また、ドアノブの裏側に接着して、指で直接T字金具を操作しているので、強度もあり、耐久性も期待できる。・・・> というか、この冷蔵庫の扉ラッチは樹脂製で薄く、すぐ壊れそう。もうずいぶん壊れているんじゃないかと思う。弱いとこを補修すればまだまだ使えます。

・まだ修理したばかりなので、耐久性が不明。また経過報告するつもり。

以上

«簡単製作・USB切替器(8ch)の製作